ゲイムマンのダイスステーション

日本縦断ゲーセン紀行

151.現役最古の駅舎を見に
〜尾張編(2)〜


スタート時点での「ゲーム路銀」は、「ゲーセン」にちなんで¥5,000(G千)。
ゲーセンでゲームをプレーして、1面クリアーするごとに、
「ゲーム路銀」は¥100ずつ増える。
(ただし、1プレー¥50円のゲームなら¥50ずつ、1プレー¥200なら¥200ずつ。
 ゲームをプレーするためのお金も、「ゲーム路銀」からねん出する)
この「ゲーム路銀」だけを交通費にして、日本縦断を目指すのだ!
(前回までのゲーム路銀 ¥3,865




2012年1月26日。
新横浜午後6時52分のひかりに乗る。混んでたけど座れた。8時21分名古屋着。
乗り換えた東海道線は、雪のためにダイヤがやや乱れたらしいが、
8時55分、刈谷に着いた。ホテルにチェックインして、サイゼリヤで夕食。
「ブラタモリ」が始まる前に、ホテルに帰って来られた。


刈谷

さて、今回のルートについては、事前にいろいろ考えた。
名鉄三河線で碧南市の水族館に行こうか、あるいは一直線に名古屋へ向かおうか。
あれこれ考えたけど、日本最古の現役駅舎である亀崎駅を見たかったので、
JR武豊線に乗って、知多半島へ向かうことにした。

知多半島の観光名所や名物を、「知多娘。」というサイト内の動画
「デート de 知多あるき」で調べた上に、
本来は出かける前に終わらせる予定だった、
ITmedia「レトロゲームが大好きだ」の最終回の推敲をしていたので、
寝たのは午前5時近く。

翌27日。8時半起床。ホテルで朝食。今回のゲーセン紀行は刈谷からスタート。
10時8分発の快速大垣行き。1、2分ほど遅れてきた。313系8両。
車窓左手に工場、右手に住宅地。左にも住宅地が増え、逢妻駅通過。
一転して、広い農地になる。逢妻川・境川を渡る。工場も点在。
左手に高架の線路。

左に農園が見えたところで、
10時14分、大府駅停車。
ここで降りた。
ゲーム路銀 ¥3,865-¥180=¥3,685


〜<逢妻(あいづま)〜>
大府(おおぶ)

構内に、DD51がたたずんでいた。

東海道本線と武豊線の
分岐駅である大府駅。

“健康づくり都市宣言”をしている大府市。
市内には、あいち健康の森公園、あいち健康プラザ、JAあぐりタウン げんきの郷といった
大きな行楽地があるらしいが、駅から少し離れているので行かなかった。

あいち健康の森公園  あいち健康プラザ
JAあぐりタウン げんきの郷

文字通り駆け足で駅に引き返し、10時22分発の武豊行きに乗り込んだ。
真新しい2両編成のキハ25。座席はクロスシート。
武豊線は愛知県内のJR路線で唯一の、非電化路線である。
近い将来、電化される予定らしい。

盛土から、かなり高さのある高架橋へ。右へ曲がって、線路と道路と川を越える。
左に農地、右に住宅地。右に小さな神社らしき場所が見えた。
尾張森岡を出ると景色は一変。住宅地の中の高架線となる。

10時28分、次の緒川で降りた。
ゲーム路銀 ¥3,685-¥180=¥3,505


〜尾張森岡〜
緒川

尾張森岡から、東浦町に入っている。

東浦町は、徳川家康の生母・於大の方の出身地で、
現在はぶどう作りが盛んだという。(以上、「デート de 知多あるき」の情報)
近年、人口が増えてきており、東浦市となる可能性があるとか。
於大の方の実家・水野氏の菩提寺である乾坤院に隣接する土地が、
於大公園となっているが、駅からは若干遠い。

駅前にある、イオンモール東浦に入った。
入ってから知ったが、この建物は、
エンジョイライフ館という別館のようで、

通り抜けると、交差点の向こうに、
さらに大きな本館が構えていた。

広さを生かした、開放感ある店内。
今日は晴れているので、一部ガラス張りの天井が、一層明るく感じられる。

2階のユーズランドへ行ってみた。
例によって、ジョージアでら珈琲を飲みながら店内を見る。
かなり広いプライズコーナー、かなり広い、プリクラコーナー、
かなり広いメダルコーナー。
パチンコも多い。レースやガンシュー、音ゲーも豊富。
戦場の絆も。麻雀やWCCFを含む通信ものも。

ビデオゲームは、鉄拳タッグトーナメント2や、ダライアスバーストなど。
普段ゲーセン紀行でやっているゲームがなかったので、つい出来心で、
全くの初見、プレイどころか見るのも初めてのダライアスバーストをやってみた。
幸い、イージーモードで1面だけクリアできた。

11時32分、緒川駅に戻ってきた。ちょうど逆方向の列車が着いたようだ。
お客さんが改札口から続々と出てきた。
次の列車は57分。ツイッターを見て時間を過ごす。
武豊線は30分に1本なので、今後も何度かツイッターを見る時間はありそう。

再びキハ25に乗車。高校生が多い。
立っている人も多いが、混んでいるというほどではない。
左手にさっきのイオンモール。JAや工場もある。
再び左手は広い農地。右手は一戸建ての密集する住宅街。高架から地平に下りてきた。

石浜駅で高校生が大勢降りた。上り列車とすれ違う。
右に工場。再び住宅。アパートも目立つ。
家並みの間を抜けて東浦駅へ。駅の左手に工場が見える。

東浦を出ると、左に分岐する線路があった。
貨物路線の衣浦(きぬうら)臨海鉄道碧南線のようだ。
その先は広い農地。右側、農地の向こうが住宅地となっている。

やがて住宅地の中へ。左に工場。12時9分、高校生たちと一緒に、
遂に「現役最古の駅舎」とされる、亀崎駅に降り立った。
ゲーム路銀 ¥3,505-¥200=¥3,305


〜石浜〜東浦〜
亀崎

島式ホームから跨線橋を渡って駅舎へ。
天井や壁の内装は新しいものだが、柱は木造のまま。

外に出て駅舎をながめる。
板張りの素朴な茶色い駅舎。
駅名板はJRのマークが入った
新しいものだけど、
駅の雰囲気に合わせた木製のものになっている。

かつて、現役最古の駅舎は京都の二条駅とされてきた。
しかしこの亀崎駅は、建物資産標に記された年が明治19年(1886年)と、
二条駅の明治37年(1904年)より古く、
こちらが最古ではないかという説が以前からあった。
ちなみに二条駅は1996年に建て替えられ、
旧駅舎は姉小路蒸気機関車館に移築されている。

駅から歩いて行けそうな場所に、ゲーセンがあるらしいので行ってみた。
国道366号を北へしばらく歩き、信号機のある交差点を右折。
県道46号に出る。広くてまっすぐな道。工場が多い。
真っ昼間だし車も多いからいいけど、日が暮れたら歩けないかもしれない。

20分少々歩いて、衣浦大橋にやってきた。

川のように見える細い衣浦湾。
対岸は高浜市。
この左手に別の橋がある。
多分、衣浦臨海鉄道だろう。

実はここに来る途中にゲーセンがあるはずだった。通り過ぎた。引き返す。

「a JACK」というお店の中に
jubeatののぼりを発見!
ということはゲーセンか?
「本・ゲーム」と書いてあったから、
コンシューマーゲームのお店だと思って
さっき通り過ぎていた。

店内に入ってみた。jubeatなどの音ゲーや、パチスロ、ビリヤード台。
奥に対戦麻雀がある。
天井から無数のTシャツが吊り下げられているのがユニーク。
座って休む。途端にぐったり。歩き疲れた。

ビデオゲームは対戦格闘ばかりだが、今お客さんが座ってないので、
乱入はされないだろうと思って、
「ストリートファイターIII 3rd STRIKE」をやってみた。

2プレイ¥100、5本勝負という長丁場。春麗でプレイし、
それぞれ2面クリア、3面クリア。2プレイともフルセットの末ショーンに敗れる。
ゲーム路銀 ¥3,305-¥100+¥250=¥3,455

帰り道はゆるやかな上り。疲れというより眠気が増してきた。3時間半しか寝ていない。
亀崎駅着午後2時ちょうど。2時7分の列車が2分ほど遅れて来た。
発車。家並みが続く中を通り、2時12分、乙川駅着。いちばん前のドアのみが開く。
乗客は運転士さんに切符を渡して降りる。
定期券やTOICAを使う人は運転士さんに見せる。
ゲーム路銀 ¥3,455-¥140=¥3,315


乙川(おっかわ)

「乙」の字をイメージしたような、
変わった形の小さな駅舎。

以前、清水次郎長の生家で、次郎長の生涯についての展示を見たことがあるが、
次郎長が保下田(ほげた)の久六を討ち果たした場所が、この乙川らしい。

駅の近くにある、パワードーム半田へ。
エイデン、バローなどが入っている。
隣にホームセンター・カーマ21がある。

パワードームという名のとおり、
中央の屋根がドーム状になっている。

お腹が空いていたので、1階のロッテリアで食事。
「ヒレカツ朝ズバーガー」なるものを食す。
ロッテリアとTBSの「朝ズバッ!」がコラボしていたとは知らなかった。

地下1階に下りて、サムソン半田店へ。
プライズ、乗りもの多数。ボールハウス、メダル、パチンコ、プリクラ、太鼓の達人。
思っていたより広いけど、ゲーム路銀は稼げなさそう。缶コーヒーを買った。

駅まで戻ろうとして思い出したけど、乙川にはもう1店舗あるらしい。
そちらに向かおう。
パワードームの西側に出て、築堤に沿って南へ。
見えないけど、阿久比(あぐい)川という川があるらしい。
武豊線の高架をくぐって左折。曲がり角で川が見えた。水は少なかった。
この先にピアゴがあるはず。

広い更地でパワーショベルが動いている。
カインズホームができるらしい。

……嫌な予感がして、ナビタイムを起動。
案の定、ここがピアゴのあった場所だった。

駅まで向かう道で迷いかけてたら、駅が見えたところで、列車が出て行くのも見えた。
乙川駅着午後4時10分。さっき出てったのは4時7分の列車だった。
厳密にいうと、さっき見えたのは逆方向の列車だけど、
この駅で交換して両方向同時に出て行くので、武豊行きも同時刻に出発している。
次の列車が来る、4時34分まで待つ。

パワードームのドームが、
駅前からよく見える。

駅の跨線橋から、元ピアゴの更地が見える。
実は、さっきこの駅で降りたときにも
この景色が見えていて、
何だろうと思っていた。

先にこっちの下り列車が来た。高校生の下校時間に当たったようで、そこそこ混んでいる。
上り列車を待って、出発。左手にさっきの更地。さっき下を歩いた高架。
阿久比川を渡る。左手にヤマダ電機。続いて左手に学校。

地平に下りて住宅地。ミツカンのマークのついたビルが左手に見え、半田駅着。
高校生がけっこう降りた。
今日はあえて通過して、この先にもう1軒あるゲーセンへ向かおう。

引き続き市街地を走る。左手の視界が木で覆われる。工場があるようだ。
その後も左に工場が続く。川を渡り、東成岩駅着4時40分。
ゲーム路銀 ¥3,315-¥180=¥3,135


〜半田〜
東成岩(ひがしならわ)

この駅で降りる高校生も多い。
向かって右に踏切がある。
その向こうはJFEスチールの工場のようだ。

駅前、ごく普通の住宅街然とした所に、
すごくでっかいコロナワールドがあって驚く。
今見える3棟が全てコロナワールドだ。

回り込んでみると、奥行きもかなりあった。
安城にあったコロナと
どっちが大きいだろう?

シネマ、パチンコ、ボウリングなど
いろいろあるらしい。

ゲーム「メトロポリス」は2階。さすがに広い。プライズ、プリクラ、音ゲー。
「戦場の絆」が多い。通信麻雀、レース、ガンシューティング、メダル、通信対戦。
ビデオゲームは対戦格闘中心。

初めてプレイするけど、「初音ミク Project DIVA」をやってみた。
通常モードと完奏モードがある。完奏モードは1曲で終了。
途中でゲームオーバーがあり得る、通常モードだと、
2曲遊べるらしいので、そちらでプレイ。
1曲目は「Ievan Polkka」を選んでクリア。
2曲目は「メルト」を選ぶ。曲の途中で感極まりそうになってミスるという、
ありえない失敗があったけど、何とかクリアした。
ゲーム路銀 ¥3,135-¥100+¥200=¥3,235

駅到着午後5時36分。ちょうど、
35分発の列車が出ていったところ。
次は6時8分。30分以上待つことになるが、
ツイッターを見るにはいい時間。

もうひと駅進んでおこう。
景色は見えないだろうけど、明日の朝にあらためて見ることにする。

構内踏切が閉まり、名古屋行きの列車が来て、出ていった。
さすがに寒くなってきた。とはいえ、もっと厳しい寒さを覚悟していたので、
むしろ、昼間は思っていたほど寒くならなくてよかった。

列車が来た。キハ75。中は暖かい。座れた。
やはり景色はほとんど見えない。6時12分、終点の武豊駅着。
武豊線完乗。(ゲーム路銀 ¥3,235-¥140=¥3,095


武豊(たけとよ)

今日のゲーセン紀行はここで終了。
明日、武豊駅から再開しよう。

このまま戻ってもいいけど、明日のルートの予習を兼ねて、
名鉄の知多武豊駅まで歩いてみた。
途中、歩道がないのがけっこうつらい。
かなりのスピードで通り過ぎる車がいて、ちょっと怖い。


知多武豊

徒歩8分くらいで知多武豊駅に到着。

さすがに名鉄は、電車の本数が多い。1時間に6本ある。
ただし、明日は普通電車しか止まらない駅にも行きたい。普通電車は30分に1本。
今日は6時37分の特急に乗る。混んでた。


〜<上ゲ(あげ)〜>青山〜<成岩(ならわ)〜>
知多半田

知多半田駅で降りて、JRの半田駅まで歩いてみる。
来といてよかった。途中で道に迷いかけた。
それでも10分ほどで、JR半田駅着。

半田で晩ごはんにしよう。考えた末、結局、名鉄の知多半田駅に戻り、
駅前のクラシティ半田の中にある店舗で、知多牛のすき焼きを食べる。
うまかった。
知多牛というブランド牛があることは、「デートde知多あるき」で知った。
知多娘さまさまである。

再びJR半田駅へ。8時34分の列車で、宿泊地の刈谷へ戻った。

現在のゲーム路銀
¥3,095

今回のルート


より大きな地図で ゲイムマンの日本縦断ゲーセン紀行(岡崎〜) を表示
大府市観光協会  東浦町観光協会  半田市観光協会  武豊町観光協会
知多娘。公式WEBサイト  名古屋インフォメーションNavi  愛知県観光ガイド
JR東海  名古屋鉄道

次回、「日本縦断ゲーセン紀行 152.尾張編(3)」では、
半田の古い建物を巡る。
「日本縦断ゲーセン紀行 150.尾張編(1)」に戻る


「ゲイムマンのダイスステーション」タイトルページに戻る
「ゲーム脳」徹底検証シリーズ
※これより外部リンク ダイスステーション トップページ

「ゲーム脳」徹底検証シリーズ
※これより外部リンク ダイスステーション トップページ
「ゲーム脳」徹底検証シリーズ
※これより外部リンク ダイスステーション トップページ
「ゲーム脳」徹底検証シリーズ
※これより外部リンク ダイスステーション トップページ